1. 無料アクセス解析

CLAUDE DEBUSSY

日本の生活とHAWAIIホームステイ、FRANCE生活2008
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が大好きな音楽家といえば、CLAUDE DEBUSSYクロード・ドビュッシー)1862-1918

あれは14歳の春・・
クラリネットを吹奏楽部でやって居た頃のこと。
夏のコンクールの自由曲が、ドビュッシーの曲「La mer(海)」に決定。
何度も何度もCDを繰り返して聴いてたけど、目をとじて聴くと込み上げてくるものがある。
葛飾北斎の浮世絵で海の絵があるけど、その絵をイメージとしてCDジャケットにもされている。
本当に目をとじて聴くと、海岸に居て海のいろんな場面がイメージできる。

「風と海との対話」(Dialogue du vent et de la mer)
静かな明け方の海。
嵐の海。

こういう曲を描いたドビュッシーについてもちょこっと勉強して感動したこともあったので、私は彼を音楽家として尊敬してる。

そして、今私が滞在しているフランスパリに彼の眠るお墓があると聞いて訪ねてきた。

パリ16区にあるCimetière de Passyという墓地。
門を入ると管理人さんがいる建物があって、結構広い敷地。
はじめは歩いていろんな有名人のお墓もあったりしたんだけど、どうしてもドビュッシーのお墓が見つからなかったので管理人室へ。。
すると、敷地内の地図を渡してくれて場所まで教えてくれた!
これにはかなりの有名人の名前があったんだけど、私のお目当てはドビュッシーだったのですぐにその場所へ向かった。
それでも少し分かりにくい場所だったけど、探し出すことが出来た!
C.Debussy
彼の命日は、1918年3月25日
私が訪れたのは、2008年4月6日
没後90年の月日が経ってる。
C.Debussy2C.Debussy3

Blogランキング
こちら更新の励みになりますエヘ
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
SEO対策:フランス SEO対策:パリ SEO対策:作曲家 SEO対策:ドビュッシー SEO対策:お墓
スポンサーサイト
この記事へのコメント
えりぃサン
メッセージありがとうございます。
確かに90年ってそこまで昔ではないような気がしますね。
ドビュッシーは山あり谷ありの人生を送っていた人だった気がします。
ちょうど第一次世界大戦が始まって4年後に死去されました。
2009/08/05(水) 13:12 | URL | Rica #-[ 編集]
はじめましてv
没後90日って聞くと、ドビュッシーが生きていたのってそんなに昔ではないんだって感じてしまいます。
1918年ってことはちょうど第一次世界大戦が終ったころですよね。
ドビュッシーと第一次世界大戦とってあまり結びつきませんよね?
2009/08/05(水) 09:53 | URL | えりぃ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ricaring.blog116.fc2.com/tb.php/217-23d05624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ♬Rica Aria♬ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。